タッパーが電子レンジの加熱後にあかないときの解決法!フタがあかない理由と防ぐ方法もご紹介します

電子レンジで加熱後、タッパーがあかないときは少しずつ再加熱しましょう。

あなたもこんな体験をしたことはありませんか?

ご飯にしようと電子レンジでおかずを温めたのに、タッパーがあかなくなった!

早くご飯食べたいのに!と怒りや悲しみでめちゃくちゃな気持ちになってしまいますよね。

お腹が空くとイライラする私は絶望&絶望。耐えきれずに泣いてしまいました…。

こんなイライラした気持ちを解決する方法は、タッパー内と外の気圧差にカギがありました!

この記事では、

  • 電子レンジで加熱後、タッパーがあかない問題を解決する方法
  • なぜタッパーが加熱後にあかないのか
  • タッパーがあかない問題を防ぐ方法

こちらを解決していきます。

ご飯前にイライラしないよう、この記事の対策法を実践してくださいね♪

タッパーが電子レンジのせいであかないときの解決法3選!

温かいお湯にタッパーごとつけてみる

鍋にお湯を張り、タッパーごと鍋に入れてみましょう。

お湯は低めの温度から始めるとよいですよ。

そこでタッパーのフタがあかなければ、徐々に鍋に火をかけて、お湯の温度を上げていきましょう。

少しずつ取り出して、タッパーのフタがあくかどうかをチェックしてくださいね。

お湯にタッパーを直接つけるので、火傷に注意しましょう。

電子レンジでゆっくり再加熱

電子レンジで再度加熱をすれば、タッパーのフタがあくようになります。

このとき、何分も加熱をするとフタが爆発して飛んだり、食材が飛び散ったりする可能性があります。

少しずつ温めてみてくださいね。

600wの電子レンジなら、10〜20秒ずつがよいと思います。

加熱を終えたら、なるべくすぐにあけてくださいね。

あけないと、また元の状態に戻ってしまいますよ。

最終的にはこじあける

上記の方法でどうしてもあかないときは、タッパーをこじあけましょう。

こじあける方法
  • 箸などをフタとタッパーの間に差し込み、テコの原理であける
  • フタに穴をあけてしまう

どちらもタッパーが傷ついてしまうので、なるべく避けたいところですよね。

最終手段として頭に入れておきましょう。

基本的には少しずつ温める、ダメだったらこじあけるってことだね!

そういうことです。タッパーのフタが無事に開けられるのを祈っています!

タッパーがあかないのは気圧差のせい?その理由とは

電子レンジで加熱したあとにタッパーがあかなくなる原因は、外と内に気圧の差ができてしまうからです。

タッパーを加熱すると、タッパー内の温度は上昇します。

すると、タッパー内の空気は温められ膨張します。

その後、加熱を終えたタッパー内の空気は収縮していきます。

その結果タッパー内と外に気圧差ができ、タッパーがあかなくなってしまうのです。

せっかく温めたのに、タッパーのフタがあかなくなってしまっては、悲しくなりますよね。

変に力を入れて、おかずが飛び散るのも嫌だよね。

そうですよね、飛び散ったら凹みますよね…。

続いてはタッパーが開かない問題を防ぐ方法をお伝えしますよ。

タッパーがあかない問題を防ぐ方法3選!

フタを少しあけておく

電子レンジにかける前に、タッパーのフタを少しあけておくとよいですよ。

あかない問題が解決するだけでなく、タッパー爆発問題まで防ぐことができます。

メリット:冷蔵庫、冷凍庫から出してすぐにできる、手間いらず
デメリット:たまにフタがずれまくる、冷凍していると解凍前にフタをあけるのが大変

ふんわりとラップをかけておく

ふんわりとラップをかけておけば、あかない問題は解決できるでしょう。

さらに端のほうに少しだけ空気が通るスペースを作っておけば、もう完璧です。

きっちりラップをかけてしまうと電子レンジで加熱した後、ラップ内と外に気圧差ができる可能性があります。

気圧差ができると、ラップの真ん中が凹みます。

ラップをはがすときに、中のものが飛び散ったり爆発音がしたりする場合があるので、気をつけてくださいね。

メリット:汚れたらそのまま捨てればよい
デメリット:ラップをかけるのがめんどくさい、ラップ分のコストがかかる

空気穴があるタッパーを使用する 

空気穴があけられるタッパーが売られていますよ。


こちらは空気穴があいているだけでなく、折りたたみもできるタッパーです!

タッパーって収納するときかさばるのですが、これならスペースに余裕ができますね。

私も空気穴があいているタッパーを愛用しています。

これで電子レンジが汚れたこともありませんし、もちろん加熱後のフタはあきますよ!

便利なので、あなたのご自宅にもいかがでしょうか?

私はこの空気穴つきタッパーに余ったご飯を入れています。

かなりの頻度で使っていますが、不便に感じたことはありません。

空気穴からは、かなり熱い蒸気が出てくることがあるので、火傷に気をつけてくださいね。

メリット:フタをきっちりしめながらも加熱ができる
デメリット:空気穴をあけるのを忘れると悲惨

タッパーのフタひとつでもいろいろな方法があるんだね!

ぜひ、あなたに合わせた方法を見つけてくださいね。

まとめ

  • タッパーのフタがあかないときは、少しずつ再加熱するとよい
  • タッパーのフタがあかないのは、タッパーの内と外で気圧差ができてしまうから
  • タッパーのフタがあかない問題を解決するには、空気穴つきタッパーを使うなどの方法がある

あなたに合う解決方法は見つかりましたでしょうか?

タッパーを電子レンジで加熱するときは、これらのことを思い出してくれたら嬉しいです♪